2014年11月18日

健康管理・ダイエット アプリ

この記事では、ダイエットに役立つスマートフォンアプリを紹介します。

①カロリーノート/ダイエット メモ

商品データ、店舗メニュー、食材100g当りのカロリー等の数多くのデータがこのアプリに入ってます。
また、体重、体脂肪率、メモ等を記録でき、グラフ表示させることができます。

②体重記録 - RecStyle ダイエットで健康をサポート

「体重」「体脂肪」といった基本項目に加え、筋トレには欠かせない「筋肉量」が管理できます。
その他にも「ウエスト」「BMI」「各種スタンプ(食べ過ぎ・運動・飲み過ぎ・便秘・体調不良・生理)」「テキストメモ」等、ダイエットの管理に便利な機能が含まれています。
本格的にダイエットに取り込む自信のある方はこちらのアプリがいいと思います。

③シンプル・ダイエット 〜 記録するだけ!かんたん体重管理 〜

 内容は体重の記録、BMIを自動計算してくれるといったありがちなアプリですが、こちらはデザインがとてもオシャレです。自分の携帯電話にアプリに取り込むなら、オシャレなほうがいいかな、と思われる方にはこちらをオススメします。
posted by 黒 at 15:40| Comment(0) | ダイエット方法 | 更新情報をチェックする

ゼニカル(Xenical)を用いたダイエット

ゼニカルって何?と最初は思いますよね。

これは,ご飯を食べた後、脂肪の吸収を抑え、そのまま体外へ排出させる薬です。

薬と聞くと、抵抗がある方もいるかもしれません。この薬はアメリカ食品医薬品局(FDA)の認可を受けている
医薬品で、この機関は日本の厚生労働省にあたります。

この薬は,世界中では多くの方に使われているのですが,日本国内では認可されてなく,近所のドラッグストアでは入手ができません。(日本では医師の診断が必要となる。)
 なので、使用は自己判断になります。


 この薬は,脂肪分を排出させるため,効果中はトイレが近くなったり、オナラが出やすいという副作用があります。また、ゼニカルは溶けて黒い油のようになるため,トイレの際に水が少し黒くなると思います。それは脂肪を吸収せずに排出できた証として、安心してください。

 この薬は体重の減少に効果があったという体験をされた方が多いです。気になった方は、調べてみてください。
posted by 黒 at 11:46| Comment(0) | ダイエット方法 | 更新情報をチェックする

筋トレ。女性は細いボディラインを、男性は細マッチョを。

人間は個人差はありますが、何もせずに生きているだけでカロリーを消費しています。

 女性は約1200[kcal]、男性は約1500[kcal]を1日で消費しています。
この消費を基礎代謝といいます。

そして、筋肉が付くことで、1250[kcal]...1300[kcal]と基礎代謝が増えます。

 つまり、運動をして疲れて消費することとは別に筋肉があるというだけで、基礎代謝が増え、痩せやすい体質(太りにくい体質)になります。

そこで、姿勢や体のラインを作り維持するために消費カロリーが大きくなる筋肉には,身体に4ヶ所あります。
それは、
①胸
②背中
③お腹
④脚
の筋肉です。主に身体の中心付近の筋肉ですね。これらを意識しているだけでも,大きく変わります。

 これらの筋肉はどのように鍛えるか、それはもちろん筋トレなのですが,毎日行う必要はありません。
むしろ、毎日行うと逆効果です。

 体に筋肉を作ってもらうために定期的な休養が必要になります。研究により,3日目が最も効果的であると言われています。

 つまり,1日目、2日目に軽く筋トレ、3日目に休息,4日目、5日目に筋トレ、6日目に休息というのが最も効率のいい筋肉の付け方です。

筋肉は、ただそれがあるだけで、エネルギーを消費して、無駄な脂肪を燃焼してくれる、そういったものです。体脂肪率の高い方は、まずランニングよりも筋トレをオススメします。
posted by 黒 at 11:10| Comment(0) | ダイエット方法 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。